アルミ食器で一気にキャンプ気分!エコ重視で紙皿は卒業しよう

キャンプの食器、初心者は悩みます。洗わなくて済むから、そのまま捨てられるからという理由で紙皿や紙コップを持参する人が多いのですが私はこれは絶対的にNGだと思います。私たちがキャンプを楽しむことができるのは、自然のおかげです。紙コップや紙皿はごみを増やし、自然を破壊することにつながってしまいます。

それに基本的にゴミは持ち帰らなければならないので、帰りの荷物が減るわけではないのです。キャンプのときにはアルミ食器がおすすめです。大手アウトドアメーカーから発売されているアルミ食器はコップ、深皿、プレート、カトラリーのセットで数千円することもあります。家族全員分を買うと結構いいお値段するなという人は100均をのぞいてみてください。

最近のキャンプブームに乗って100均でも様々なキャンプ用品が販売されていますが、アルミ食器はとくにおすすめです。うちでは100均で購入したコップとカレー皿、おりたたみのスプーンとフォークを人数分持っていきます。

主人のアルミ食器は高価なものらしいですが、なんら違いを感じません。食器はその都度洗って使うのが鉄則です。コップは夜はお酒を飲むのに使い、朝はコーヒーを入れます。私は一人用のバーナーコンロを使っていますが、すぐにお湯を沸かせて大変便利です。

もしこれからキャンプ用の食器を購入予定であればコールマンのカラフルなウェアセットがおすすめです。コップ、茶碗、平皿のセットでパステル調のカラーがとてもおしゃれです。ごく普通のカレーでもこの食器によそえばなんだかテンションアップです。

アルミ同様に人気があるのがホーローの食器です。軽いのにおしゃれ感があってアルミの次に買い足したい商品です。ホーローはアルミなどの金属の表面にガラス質の釉薬などを焼き付けたものでアルミ同様に軽くて、保温性に優れているのが特徴です。

反対に私があまりおすすめしないのがプラスチックの食器です。カラフルでかわいい上に安価なのですが、耐久性などを考えるとおすすめしません。プラスチック食器は洗剤で洗ってもなかなか油などのぬめりが取れないように思います。

また金属製のたわしでこするとそこに無数の傷ができ、不衛生な気がするのです。また冬のキャンプでは温かいスープやココアを飲むのが醍醐味ですが、プラスチックコップでは熱いものを入れることができないため別途スープ皿などが必要になります。

コップには取っ手にカラビナを付けましょう。洗ったあとにカラビナを洗濯紐にかけて乾かすのがいいでしょう。カラビナもエスニック柄の可愛らしいものなどいろいろあります。

最後にご紹介したいのがシェラカップです。私もキャンプを始めて、初めてその存在を知ったのですが、お茶碗に折りたたみ可能な取っ手がついた不思議なカップです。これはコップとしても、スープ皿としても、茶碗として使用できますし、そのまま火にかけることもできるのです。

子供がいる場合には火にかけるときは注意が必要ですが、これ一つあればかなり様々な用途に使用できます。食器を持っていく際にはスポンジと洗剤を忘れないように注意しましょう。