キャンプの朝は早い!朝ごはんはしっかり摂ろう!

キャンプの朝は早いです。7時まで寝ているようにと言っても興奮した子供たちは6時前に目を覚まします。お友達が一緒だと隣りのテントをのぞいたり、朝早くから活動を開始します。まずはトイレや洗顔を済ませ、朝食の準備を始めることになりますが朝ごはんは何を食べましょうか。

前日がカレーだった場合、朝からがっつり行きたい人は残りのカレーを温めて、パスタやうどんにかけて食べるのがおすすめです。もちろん私は朝からカレーなんて食べたくありませんから、子供たちと一緒にパンケーキを作ります。

パンケーキミックスとフライパンがあればホットケーキは簡単にできます。卵と牛乳はクーラーボックスの中で保冷しておきます。冬場は腐ったりすることはないのであまり心配はいりません。フライパンからホットケーキのいい匂いが漂い、家で食べるより美味しさ倍増ですね。

パンケーキにはリンゴやバナナなどのフルーツを添えるといいでしょう。ホットケーキは面倒という人はスナックパン、シリアル、ヨーグルト、チーズなどを持っていくと調理要らずで朝起きたらすぐに食べることができます。

キャンプを始めて気づいたことは自宅にいるときよりも子供たちの食欲が旺盛ということです。友達家族がいればお互いが食べているものを羨ましがってちょうだいと言いますし、常に動き回っているのでお腹が減るのかもしれません。

朝や夜にフルーツをむいたりすると我先にと競って食べますので、食べ物は余分に持っていかないと「お腹減った」コールにうんざりするかもしれません。

大人の朝食はもちろんコーヒーから始まります。私はバーナーでお湯を沸かしてドリップ式のコーヒーをみんなに入れています。好みによってはスティックシュガーや生クリームポーションなども持参するといいですね。

それからフライパンで目玉焼きやスクランブルエッグを作りましょう。その横でソーセージも焼いてしまいます。パンもフライパンで焼くことができます。卵液をからめてフレンチトーストを作るのもいいですね。朝はごはんじゃなきゃという人は前日に炊いたご飯でおにぎりを握っておいて、しょうゆを塗って焼けば焼きおにぎりの完成です。焼きおにぎりは香ばしくて美味しいですよね。

二日目もがっつり遊ぶことになるので子供も大人もしっかり朝ごはんを食べるようにしましょう。キャンプ場のチェックアウト時間はだいたい10時です。10時前後は混み合うので早めにチェックアウトする人も多く、朝ごはんの後はさっそくテントの撤収や後片付けが待っています。

朝ごはんをしっかり食べたら、働くモードに切り替えましょう。私が今後やってみたい朝ごはんはホットドッグやホットサンドなどです。残った野菜やソーセージを使えば、帰りの荷物を減らすことができます。前日に残ったご飯を使ったおかゆや雑炊なども和食を好む人には向いていると思います。余裕のある人は前日の残り野菜でスープなどを作るのもおすすめです。