おしゃれキャンプでテンションアップ!おすすめの小物たち

実際にキャンプを始めるまで、キャンプとおしゃれという言葉は全くつながらないものだと思っていました。キャンプは単に野外で眠ること、それ以上でもそれ以下でもない。若いころはファッションやグルメに夢中で山の中で眠ることに興味を抱くはずもありませんでした。

しかし、おしゃれなもの、かわいいものが好きな人にこそ、おしゃれなキャンパーを目指して頑張ってほしいのです。人気のテントといえばドームタイプとワンポールタイプがあることをご説明しましたが、おしゃれといえばやはりワンポールテントです。グランピングで使われるテントもワンポールのものが多いのです。

私が抱くワンポールテントのイメージは西アジアの高原で暮らす遊牧民族の暮らしそのものです。中にモロッコ風の絨毯やクッションを置くと、なんだか優雅な気持ちになります。

タープも探せばおしゃれなものがあります。タープの模様が雲の柄だったり、マルチカラーだったり、カラフルなタープを選べば人が多いキャンプ場でも目立ちます。

テントを飾り付けるアイテムはその他にもいろいろあります。私がまず最初に買ったのはフラッグガーランドです。最近ではポップな柄のものやパステル調のものなど好みにあわせて様々なものが売られています。ガーランドはキャンプ生活に絶対に必要なものではありませんが、ガーランドを飾ることで気持ちが盛り上がります。

若干かさばりますが持っていくとおしゃれで便利なのがコーナンラックです。コーナンラックとはいわゆる3段もしくは4段のウッドラックのことで、テーブルの上に入りきらない鍋や調味料、調理道具などを置くことができます。

おしゃれキャンパーさんの中にはテントやタープを数種類持ち、その時の気分に合わせてキャンプのテーマを決めている人がいます。例えばあるときは青空カフェと名付けて、ウッディなチェアやテーブル、アンティークな食器をそろえています。

本当に青空の下に突然現れたカフェのようでおしゃれです。とくに注目したいのがアンティーク調のランタンです。実際にはアンティークではありませんが、ちょっとシャビーな雰囲気がとてもおしゃれです。メニュを書いたりするようなブラックボードや調味料ラックなども置かれています。

食事の様子を見てもパニーニ、フルーツ盛り合わせ、生ハムのサラダ、ピザ、キノコのマリネなどなどとにかく簡単だけどおしゃれなメニューが並んでいます。おしゃれキャンパーになるには先輩キャンパーの持ち物やレシピを参考にするのがいいですね。

ダッチオーブンも置いてあるだけでものすごいおしゃれ感を醸し出します。もちろん、おしゃれなだけではなくとても便利でレシピの幅を広げてくれます。ダッチオーブンは分厚い金属製のふたの付いた鍋のことで蓋の上にも炭火を乗せることができるのが特徴です。鍋なのに四方から温めることができまるでオーブンのような役割を果たしてくれるのです。

ダッチオーブンはコールマン、スノーピーク、ユニフレームなど大手アウトドアメーカーから販売されていますのでキャンプに慣れてきたら手に入れたい調理道具の一つです。

ほかにもおすすめといえばペンドルトンのブランケットです。ペンドルトンはアメリカの老舗でおもにネイティブ柄のウール製品を取り扱っています。カラフルなネイティブ柄がキャンプにぴったりです。ペンドルトンではブランケットをだけでなく、タオル、バッグ、衣類なども販売しています。

おしゃれなキャンプグッズはまだまだあります。機会があればまたご紹介したいと思います。