グランピングとは

グランピングという言葉を聞いたことがありますか。グランピングとはグラマラスとキャンピングの二つの単語を併せた造語です。キャンプ場というと最低限の設備があるだけでなので、あとは自分たちでテントを設営したり、食事を作ったりと準備が必要ですが、キャンプの進化形グランピングの場合全部お任せのキャンプです。

グランピングで画像検索すると真っ白なワンポールテントの中にはモロッコ風のラグが敷かれ、ベッドやクッションが置かれています。おしゃれキャンパーの中には海外のグランピングの画像を参考に、できるだけグランピングに近いおしゃれなキャンプ道具を買いそろえている人もいますが、最近では大手ホテル会社などがグランピング専用の施設を展開しています。

キャンプはしたいけど、テント設営や食事の支度は面倒、自然と触れ合いたいけど快適なベッドが欲しいという人にはグランピングはぴったりです。国内にはグランピングできる施設がいくつかあります。テントが常設してあるところもありますし、ログハウスのような個別の宿泊施設がある場合もあります。

グランピング施設は湖畔のまわりや避暑地、海の近くのリゾート地にあることもあります。ツリーハウスをイメージしたものもあり、準備なしでキャンプ気分に浸れるように工夫がされています。敷地内にはシャワーや浴場、レストランやカフェバーなどが併設されています。

食事を自分で作ったり、準備したりということは必要なく、テントの前でシェフが肉や魚介類を焼いてくれたり、炊き立ての白米や様々なデザートがふるまわれます。夜になれば屋外におしゃれなバーが現れ、月の光に照らされながらお酒を楽しむことができます。

敷地内にスポーツクラブやスパなど併設されているところもあり、どちらかといえばリゾートホテルに近い感覚で利用できます。

グランピングはホテルに泊まるのと同様の快適さを得ながら、自然と触れ合うというコンセプトですがこれは最高の贅沢ではないでしょうか。人間はどんなに文明が発達しても自然と戯れたいという気持ちを持ち続けているんですね。もともとグランピングは海外が発祥ですが、日本でも広く受け入れられています。

ただし、このようなグランピングの宿泊施設は通常のホテルより宿泊料金が高い場合がほとんどです。自分でサイトを予約してキャンプをする場合、料金は5000円前後ですがグランピングとなるといきない数万円に跳ね上がります。

日常的にキャンプをする人は高額な料金を払ってまではグランピングにはいかないと思います。キャンプを愛する人々は自分たちで様々な工夫をして、快適なキャンプをしています。個人のキャンプでも広々としたテント、ふかふかのテントマット、コットなどのベッド、クッション、ストーブ、ソファなどをそろえることでよりグランピングに近づけます。

私はまだ長期キャンプをしたことがないのですが、これだけの準備をしたら最低でも3日以上は滞在したいですね。なかなか休みがとれずどうしてもキャンプは一泊になってしまうので次は連泊を目指したいです。

快適なキャンプ道具をそろえてできるだけグランピングに近いキャンプをするのもよし、少し不便でも快適を求めずサバイバル感のあるキャンプをするのもよし、だと思います。人が好むキャンプのスタイルは様々です。

1.ちょっとキャンプへ
キャンプに対する興味が深まりそうなサイトです。

2.アウトドア・キャンプを楽しもう!
アウトドアに対する興味が深まりそうなサイトです。

3.ショウタンの山歩録
山に関する情報が詳しく載っていそうなサイトです。

4.キャンレポお助け隊
このサイトを見ればキャンプに行きたくなりそうです。

5.K’s Outdoor
このサイトにはアウトドアのことが詳しく載っていそうです。

6.うりうの日帰り登山記
山登りのやり方が詳しく載っていそうなサイトです。

7.山梨の林道事典
このサイトを見れば山に興味がわきそうです。

8.海外バイクツーリング ~海外でバイクツーリングを楽しむ情報サイト~
このさいとを見れば新しい趣味に目覚めそうです。

9.ロードバイクに魅せられて・・・悪戦苦闘の備忘録!
ロードバイクに関する情報が詳しく載っていそうです。

10.尾瀬・サイト
特定の場所に関して詳しくなれそうなサイトです。

11.Cool Bassing!!
このサイトには釣りに関する情報が詳しく載っていそうです。