これいらなかったかも!?キャンプ上級者は無駄なものを持たない!

初めてキャンプに行った際に、どれだけ不要なものを持っていったかと考えると思い出すだけで苦笑いです。もしかしたら使うかも、これあった方がいいかもと深く考えずいろいろなものを持っていきましたが、車のトランクに入りきらず、何がどこにあるのかわからず、とにかく無駄なものを持っていくのはNGです。

しかし、それも上級者キャンパーになるために通らなければならない道なのかもしれません。何度もキャンプにいくうちに自然に必要なものとそうでないものがわかってくると思います。一見便利に見えても案外使わなかったり、自分のキャンプスタイルには合っていないものもあるのです。

とくにうちはミニバンではないので、持ち物は厳選しなければなりません。これいらなっかたかも!?と思うものをちょっとご紹介しますね。

大きすぎるクーラーボックス、安物のクーラーボックス、保冷材はまずいりません。大人数で行く場合、飲み物を大量に持っていく場合以外は一泊ではそこまで大きなクーラーボックスは必要ありません。大きすぎるクーラーボックスは場所をとりますし、また食材などが少ない場合、すかすかになってしまい保冷効果がよくありません。

またクーラーボックスは安いものは保冷効果が低いので真夏は1泊でも厳しい場合があります。釣り用のクーラーボックスは保冷効果が高いです。またキャスター付きのクーラーボックスも車に積む際にキャスターが邪魔ですし、必要ないように思います。

保冷材はあってもいいのですが、2Lのペットボトルを数本かちんかちんに凍らせていけば、2日くらいは持ちますし、無駄がありません。2Lのペットボトルを凍らせるのには3日程度かかりますので、余裕を持って冷凍庫に入れましょう。

私自身は使用していないのですが、周りに聞くと必要ないものナンバーワンはツーバーナーだと言います。ツーバーナーはコンロが二つある携帯用のガスコンロです。ツーバーナーは料理をするには便利なのですがガス缶が結構高価なこと、またかさばることなどが難点です。

うちは友人家族とキャンプに行くときはひとつづつカセットコンロを持ち寄ります。二つあればいわゆるツーバーナーなのでそれで充分です。カセットコンロ用のガスボンベも一缶100円程度で購入できます。

もう一ついらないものといえば銀マットです。最近は大き目のテントを使用している人が多いので、すべてをカバーするような大きな銀マットはありません。そうなると複数の銀マットが必要となります。最近ではロールタイプではなく、じゃばらタイプも売っているのでかさばらないようにはなったのですがそれでもそれなりに場所をとります。

テント内に何かを敷くとしたらテントサイズに合ったテントマット、もしくはエアマットなど2/3以上のスペースをカバーするものがいいでしょう。エアマットがカバーしない部分に銀マットを敷くことも考えましたが、そこは荷物を置いたりするだけのスペースなので多少固くても問題ないのでわざわざ銀マットを持っていくのをやめました。

その他にもウォータータンクも必要ないと思います。2L入りのミネラルウォーターを持っていく人が多いと思いますので、真夏でなければ大量の水は必要ありません。大きめのウォータータンクはか嵩張るのでおすすめしません。

以上のように、一見キャンプのマストアイテムのように思えても必要のないものがあります。もちろんそれぞれキャンプスタイルは違いますので一概には言えません。とにかく1,2回キャンプに行ってみると自分にとって必要なものがわかってくると思いますよ。

レジャーシート、テーブル、チェアで快適な空間作り!これ結構大事!

私がキャンプにこんなにもはまった理由の一つがキャンプらしくないおしゃれな小道具をそろえることが楽しかったことがあります。キャンプというと、実用性重視でグリーンやベージュの配色が多いイメージですが、最近ではカラフルなものも多く販売されています。

私がまず最初に購入したのはコールマンのファンチェアのシリーズです。おしゃれ、コールマンで画像検索するとヒットしますがピンク色のかわいらしいチェアなんです。サイズは普通のものより小さいので一見キッズチェアかなと思うのですが、小柄な私にはぴったりです。コンパクトなのでかさばらず、持ち運びにも便利です。自分用のシングルチェアと子供二人が一緒に座れるダブルチェアを持っています。

先日キャンプにいったときに隣りのグループがとてもかわいいチェアを並べていて、思わずかわいいですね、どこのメーカーですか?と聞いてしまいました。Hlinoxという海外メーカーの製品だと思いますが、見たことのない可愛らしい柄で私の目はハートマークになっていました。Helinoxのチェアはとてもコンパクトにたためるのが特徴です。

自分のテントをガーリーに飾り立てることが私の最大の楽しみなのです。レジャーシートは大きめのものを持っていますが、柄が平凡なチェック柄でおもしろみがないのでこの上にアジアンショップで買ったカラフルな薄手の絨毯を敷いています。

レイアウトとしてはテント入口のキャノピーの下にレジャーシートと絨毯を敷き、テントから靴を履かずに子供たちが移動できるようになっています。レジャーシートの上にはよくピクニックなどで使用する折りたたみ式のピクニックテーブルを広げ、クッションや毛布を置きます。

子供たちはここでごろごろしながらUNOをしたり、お菓子を食べたりしています。寒い時にふわふわの毛布にくるまるのが好きみたいなので、場所をとりますがも毛布は必ず持っていくようにしています。

子供用のテーブルの他にカセットコンロや調理器具を置く高めのアルミテーブルは必須だと思います。いわゆるキッチンコーナーを作り、そこで調理をします。キッチン用のラックなども売っているのですが、かさばるため購入した人に聞くとお留守番率が高いそうです。

その他にチェアと一緒に使える大人用の低めのテーブルがあるとお酒やおつまみを置いたりできます。ただ、一人でテーブルも3つも持っていくのは困難なので友達を行くときには持ち物を分担することをおすすめします。

大人用のテーブルも個人的にはアルミのものよりも木製のものがおしゃれだと思います。アルミのものでもコールマンでは模様が描かれたテーブルが販売されていて人気があります。バーベキュー用にテーブルの中央が開いているものもありますので自分のキャンプスタイルに合わせて選ぶといいと思います。

最近気になっているのはハンモックやエアソファです。家族だけでキャンプにいくときに自然の中で寝ころびながら好きな本を読んだりするのに憧れます。エアソファは空気を抜くと場所をとらないようなので今後検討してみたいと思います。

バーベキューもいいけれどカセットコンロであれもこれもできちゃう!

別の記事にでキャンプといえばバーベキューという話をしましたが、もちろん初心者にはおすすめですが、キャンプの食事といえば何もバーベキューばかりではありません。バーベキューは友達同士で行った場合盛り上がるし、食材を焼くだけで簡単なのですが、荷物になる、後片付けが面倒というデメリットもあります。

網やコンロの油や焦げを落とすのが面倒で、うちは基本的にはバーベキューはしません。友達家族とひとつづつカセットコンロを持ち寄り、一つはカレー用、一つは炊飯用にしています。電源サイトであれば炊飯器を持っていってしまえばいいのでしょうが、さすがにそれはちょっと、なので大きめの鍋でご飯を炊いています。

設営や食事の支度で疲れたときはほかほかのご飯がなによりごちそうに思えます。カレーならとりあえず食べられない人はいないし、野菜も取れるのでおすすめです。野菜や肉はあらかじめ切って持っていきますが、その場で子供に手伝わせてもいいと思います。キャンプ場によってはキッチンや炊事場がありますので活用すると便利です。

カセットコンロを持っていくときの注意点としてはカセットボンベは中火で約一時間ほどしか持ちませんので、予備のものを持っていくことです。また風が強い日には風を遮るためのアルミの風よけなどを100均などで購入しておくといいと思います。最近では風よけが付いた屋外用のカセットコンロも市販されているようですが、若干割高に思います。

カセットコンロで作れるその他のレシピですが、パエリアなんかはどうでしょうか。カセットコンロを使えば、食材さえ準備すれば通常家で作っているものはほぼなんでも作れるます。しかし、せっかくのキャンプなのでなにか特別なものを作りたい気持ちもありますよね。

パエリアって難しそうという方も安心してください。最近はパエリアのもとという便利なものが売っています。必要なのはお米、鶏肉、魚介類、パプリカ、玉ねぎ、トマトなどです。フライパンで作るパエリアなら食材を炒めて、米を入れ、水とコンソメを入れて炊くだけでできます。手間がかからないわりには見栄えがいいのでキャンプにぴったりです。

個人的に私が好きなのはポトフです。野菜を丸ごと、ソーセージ、ベーコン、豚肉などを入れて、ひたすらぐつぐつ煮込むだけで完成です。ポトフ以外にも野菜と肉を一緒に食べられる煮込み料理は栄養満点でおすすめです。

同じくフライパン一つでできてしまうのがリゾットです。例えばチーズリゾットならチーズ、ベーコン、コンソメ、牛乳などがあれば簡単にできてしまいます。トマトリゾットにも応用がききます。リゾットの場合、副菜にはグリーンサラダなんかがいいですね。

コンロがあればデザートも作れます。よくキャンプで作るバームクーヘンなどが紹介されていますが時間もかかるし面倒くさい。デザートにはクレープがおすすめです。クレープ生地を焼いて、中にフルーツやホイップクリーム、チョコレートシロップなどを入れれば子供だけじゃなく、大人にも喜ばれます。

簡単だけど美味しいアウトドアレシピほかにもいろいろあります。友達や家族の好みも考慮しながら、楽しんで作れるレシピを探してみてください。

こんなものが役立った!キャンプ上級者が常備してるアイテムいろいろ

キャンプを始めてみるとあってよかった!という商品とこれいらないね、、という商品がはっきりしてきます。もちろん感じ方は人それぞれですが、ここではキャンプに持っていくととっても便利なものをいくつかご紹介します。

まずは家にあるもので絶対持っていくべきものですが、新聞紙、洗濯バサミとS字フックです。新聞紙はいろいろな場面で役に立ちます。細く破いて火おこしに利用できますし、前日の雨で地面が濡れているときもまず新聞紙を引くことで湿気を防ぐことができます。食べ物を包んで保存したり、また油などを拭きとることもできます。

多くのキャンパーが万能チェーンを使用しています。万能チェーンとはポールと木の間などにつるして、洗濯物やカップ、ドライネットなどをかけることのできる強度のあるテープのことです。

アウトドアメーカーからはカラフルなものが販売されていてデコレーションとしてもおしゃれです。万能チェーンにカラビナを利用して食器をかけて乾かしたりします。万能チェーンにはいくつも輪っかがあり、かけたものがするする移動するのを防いでくれます。さらに洗濯バサミがあれば洗濯物が飛ばないようにすることができます。その他にも洗濯バサミはお菓子や食材の袋の封をしたりするのにも役立ちます。

同様にS字フックもちょっとしたものをひっかけるのに役立ちます。ペグ用ハンマーがない場合でもS字フックをひっかけるとペグを簡単に抜くことができます。

キャンプに持っていくと便利とよく言われているのがドライネットです。ドライネットとは円形で2段もしくは3段になったネットのことで、中に食器を入れて乾かすことができます。そのままテーブルに置いておくと虫が寄ってくることもありますのでネットに入れて干すことができれば衛生的です。

電気製品の中にもぜひキャンプに持っていってほしいものがあります。AC-DC変換アダプターとスマホのモバイルバッテリーです。AC電源サイトでは必要ありませんが、キャンプ場では必ず電源があるとは限りません。

AC-DC変換アダプターは車のシガーソケットにつなぐことで車から電源をとることができます。うちはエアポンプがAC式なので電源がほかにない場合はソケットにつないで空気を入れるしかありません。

モバイルバッテリーもあると便利です。キャンプ中はスマホを見ないという人もいますが、手持無沙汰になったときや急な仕事の連絡で必要な人もいます。モバイルバッテリーなら安いものでも一回の充電で70%まで回復することができるようです。

私が個人的に便利だと思ったのは小型のシングルバーナーです。主にソロキャンプなどで使われるようですが、ちょっとお湯を沸かしたいとき、ちょっと野菜を茹でたいとき、重宝しています。二つコンロがあってもメイン料理で使うことが多いので、サイドメニュを作るときにとても役に立ちます。それにちょっとしたサバイバル感を出してくれるので見ていても楽しいです。

購入には至っていないのですがあったら便利かなと思っているのが2 wayストーブです。縦向きに置くとストーブになり、横に置くとコンロになるという便利そうな商品ですが、商品説明を読むと調理はできないようです。お湯を沸かせる程度の火力しかないならいらないかなと思いますが、アウトドア商品のランキングで上位に上がってきているのでちょっと気になります。

*****************************
キャンプのアイテム揃えて、彼女とテント泊!
楽しい思い出にはお金もかかります。
↓↓↓
スマホで簡単キャッシング!
*****************************