ロマンチックなランタンの灯り!実はいろいろあるランタンの種類

キャンプの魅力といえば幻想的なランタンの灯りです。初めて友達に連れていったもらったキャンプ場は夜になると灯りがほとんどない場所でした。その日たまたまだったのかもしれませんが、ほとんどの方がオレンジ色の光を放つランタンをぶら下げていて、まるで北欧のトロルの森に迷い込んだような幻想的な光景でした。

いくつかキャンプ場を回っていますが、最初に行ったキャンプ場が最もキャンプにこだわりを持つ人が多かった気がします。さて、今回ご紹介したいのはキャンプ上級になるほどこだわりたくなるランタンです。夜になると真っ暗になるキャンプ場も少なくありませんので、ランタンは必ず必要です。

ランタンはテントのポールやランタンポールにぶら下げるメインのランタンを一つ、その他にテーブルに置くためのランタン、そしてテント内を照らすランタンの三つを用意するといいと思います。ランタンポールがなくてもテントのポールにランタンハンガーを使ってランタンをぶら下げることができます。

ランタンにはガスランタン、ガソリンランタン、LEDランタンがあります。最も一般的なのはLEDランタンです。電池を入れるだけで周囲を明るく照らしてくれます。単一電池を必要とするものがほとんどですが、スペーサーを使えば単三電池を使用することもできますので便利です。

コールマンのガソリンランタンは今も多くの人を魅了してやみませんが、手軽さを考えるならやはりガスか電池式ですね。ガソリンランタンの最大のデメリットは本体が高価なことでしょうか。しかし、一般的なガソリンを使用できるため地震などの緊急時にも使用できることです。

またガソリンランタンは使用前に空焼きが必要となり手間がかかりますが、暖を取ることもできるのでガソリンランタンを好む人も多いのです。

調理用にガスコンロを使用する人は燃料を統一するためガスランタンを使用する場合が多いです。ただし、ガスランタンはガスの消費が激しいので、サブとして小さめのものを選ぶのがいいと思います。

ランタンの人気ランキングなどを見るとあえてアンティーク調に作られた商品が多く、夜のキャンプ場のムードを一気に盛り上げてくれます。ちなみにうちはコールマンのLEDランタンをメインに同じくコールマンのストリングライトを使用しています。

ストリングライトとは小さなランタンがいくつもつながったライトのことです。コールマンのストリングライトは本当にかわいくてテンションが上がります。私が使用しているのは最近発売されたカラフルなものですが、一つ前のアンティーク調のストリングライトもとても素敵でした。残念ながら現在では取り扱いはありません。

ストリングライトでは暗いのでは?と思われるかもしれませんが、案外明るくて夜中にトイレに行って戻ってくる時も自分のテントの目印となってくれます。単三電池でも十分一晩持ちます。その他にテントの中を照らすランタンが必要です。たいていテントの中央にランタンフックがありますのでそこに吊るします。テント用は小さく、安価なもので問題ありません。

ランタンの他に子供が持ち歩く懐中電灯があるといいですね。うちの子供たちも毎回懐中電灯を片手に夜の探検に行くのを楽しみにしています。

悪天候でテンションダウンしない!雨でもキャンプを楽しむ方法

人気のキャンプ場は数週間前から予約がいっぱいということが少なくありません。とくに春や秋などのベストシーズンは一カ月以上前でも予約が取りづらいキャンプ場が多いです。キャンプ場は予約をしても1週間前までならキャンセルが可能、それ以降は料金の50%を払うなどの規定が設けられています。

天気予報は一週間先まで調べることができますが、山の天気は変わりやすく、前日まで曇りだったのに突然雨マークに変わることも少なくありません。よほどの大雨でないかぎり、キャンセル料を払うくらいなら行ってしまえ!と考える人が多いと思います。

子供たちも楽しみにしているし、食材もすでに購入済み、どうにかなるだろうと祈る気持ちで車を走らせますが、願いは届かず本降りになってしまうこともあります。テンションは急降下ですが、いまさら後戻りはできません。

そんなときはいつまでも雨を呪っているよりは、気持ちを早めに切り替えて雨でもキャンプを楽しむ方法を考えた方がいいですね。

雨のキャンプで最大の問題はどのようにテントやタープを設営するかです。雨の場合、タープは絶対に必要です。タープがなければ荷物を置く場所も調理をする場所も確保できません。

テントやタープの設営ですが小ぶりであれば雨が止むのを見計らって作業をすすめましょう。テントはきちんと設営し、ロープを張れば、雨水を逃す構造になっていますのでテントに雨水がたまるということは滅多にありません。

ただし、設営時にテント本体が濡れてしまったり、中に水が入ってしまったりというのはできるだけ避けたいものです。雨が一向に止む気配がなければまずは自身が合羽を着用しましょう。そのためにも天気予報をこまめにチェックし、少しでも雨が降る可能性がある場合には合羽やレインコートを忘れずに持っていくことが大事です。

そしてまずはタープを張ります。その下でテントの設営をしましょう。タープの張り方にも工夫をして水がたまらないようにシートを斜めに張るのがポイントです。雨が降っても食事の支度はしなければなりませんから、限られたタープ下のスペースで調理をすることになります。雨風が強いとバーベキューなどはタープの下で行うことになりますが、タープの下で焚火はNGです。

焚火の炎は大きいのでタープやテントを焦がすことがあります。雨の日は基本的に焚火はなしと考えましょう。

雨だとキャンプで一体なにをすればいいのでしょうか。あまりに雨が強い場合はキャンプ場を離れ、周囲の屋内レジャー施設を検討することも必要かもしれません。しかし、少しの雨であれば雨の中の自然の風景を楽しむのもいいと思います。

ただし、雨の日は地面が滑りやすかったり、川が増水することも考えられます。くれぐれも子供から目を離さないことが大事です。

テントの中でUNO大会はどうでしょうか。せっかくキャンプに来たのに、、という気持ちを抑えて、UNOで盛り上がってみましょう。後になってみればそんなこともあったねといい思い出になると思います。せっかくのキャンプが雨なのは残念ですが、思い通りにいかないのが自然というものです。

忘れがちなキャンプのマナー!夜のおしゃべりもほどほどに

キャンプ場は自宅とは違い大勢の人が一緒に時間を過ごす場所です。ホテルに比べるとプライベートなスペースは少ないので、他人に迷惑にならないよにマナーを守ることが大事です。キャンプ場で守ってほしい基本のルールをいくつかご紹介しましょう。

先日キャンプから帰ってきた友人がさんざん愚痴っていたのは夜中に大声で話をするお隣りさんについて。時間は10時をまわっていて、早く子供たちを寝かせたいのに隣りのテントからいつまでも話し声がしています。最初は思い出話に花が咲いていたようですが、最後には歌まで歌いだす始末。おそらくお酒が入っていたのだとは思いますが、おしゃべりはほどほどに早めに寝るようにした方がいいですね。

私自身も友達家族とキャンプにいくときは、子供たちが朝早く起きて、お互いのテントを行き来してうるさいのが気になります。できれば6時半まではテントの外に出ないように言ってあるのですがトイレに行きたがったりなかなか難しいですね。

キャンプ場にはそれぞれ異なるルールがありますが、予約やキャンセルに関する規定はきちんと守りましょう。キャンプ場も商売なので直前に予約を取り消す場合、キャンセル料を支払わなければなりません。いつからキャンセル料が発生するかはキャンプ場によりますが、だいたい1週間前からというところが多いですね。

人気のキャンプ場はキャンセル待ちをしている人もいますので、いけなくなったらすぐに連絡を入れましょう。

キャンプ場のチェックイン時間は13時または14時以降というのが一般的ですが、寄り道をしたとしてもできるだけ早めに到着し設営を始めることをおすすめします。設営の後は食事の準備が待っていますので、初心者はなにかと時間がかかってしまいます。冬場などは暗くなるのも早いので、早めに準備を始めた方がいいでしょう。

オートキャンプでもそうでなくても、車の出し入れには十分注意する必要があります。到着したばかりで子供たちがはしゃいで走り回っていることが多いので、個人的にいつも危ないなと感じてしまいます。

テントサイトではサイトごとに番号がふられ、線が引かれています。隣りのサイトにはみ出したりしないように注意しましょう。サイトの大きさに余裕がある場合には、隣りのテントとの距離を保ったり、テントの出入り口の方向を考慮したりすることも大事です。子供がいる場合には他人のサイトに侵入しないようにあらかじめ言い聞かせておきましょう。

隣りの人や周囲の人にきちんと挨拶をすることも大事です。お互いに子供がいる場合にはいつの間にか一緒に遊んでいることもあってほほえましいです。

キャンプ場にはトイレやシャワーなどの設備があることが多いですが、使用時間を守ったり、後片付けをすることは当然です。コインシャワーの場合、時間が決まっていますが前後の着替えなどにやたら時間がかかる人がいます。シャワーは6時から8時ごろが混み合いますので、なるべく素早く済ませましょう。

時間がかかる場合には混み合う時間をさけるなどの配慮が必要です。キャンプ場の近くに温泉がある場合もあるので、ゆっくりお湯につかりたい人などはちょっと足を伸ばしてみるといいと思います。

その他にごみの処理もキャンプ場の管理人が頭を悩ませることの一つだそうです。有料のごみ袋が売っているキャンプ場もありますが、ゴミは原則持ち帰りとなっています。

またその他にも花火禁止や直火による焚火を禁止しているキャンプ場もあります。チェックイン時にルール説明を受けると思いますので、管理人やほかのキャンプ客がいやな思いをしないように心がけることが大事です。

直火禁止のキャンプ場もある!?焚火台があるとムード満点!

キャンプといえば焚火。とくに冬のキャンプでは焚火の炎で暖を取るのがムード満点で楽しみという人も少なくありません。私は焚火というと、祖父が庭の落ち葉を集め燃やしていたのを思い出すのですが、キャンプの焚火の場合あんなに煙が出ては周囲の人に大迷惑です。

焚火のやり方や注意点について少し説明したいと思います。焚火とバーベキューは同じでしょ?と思っている方は多いのですが、実は違います。バーベキューには炭を使い、少ない燃料で強い火力を維持しなければなりません。炭を入れる部分も小さく、炎が広がらない工夫がしてあります。

一方焚火台は大きめで全体に酸素がいきわたるような構造になっています。バーベキューでは木炭を使うのに対し、焚火では薪を使います。私が持っている焚火台は細かい網目のアルミシートを台の上に置いたもので空気が下からも入るため、勢いよく薪を燃やし続けることができます。

このようにバーベキューと焚火は用途が異なりますので、兼用できないことはありませんが、できれば別々に用意した方がいいと思います。バーベキューコンロで薪を燃やすと、灰がたまるなどしてなかなか難しいと思います。

もちろん焚火台がなくても石やレンガを使って焚火用スペースを作ることは可能なのですが、直火を禁止しているキャンプ場もありますので焚火台があると便利ですね。そして焚火には薪が必要です。私はそれほどこだわりはないのですが、薪も木の種類によってよく燃えるものとそうでないものがあるらしいのです。

クヌギやコナラは燃えやすく、炎が長持ちするそうです。また木の種類によってはいい匂いの煙が出るものもあるようです。薪は束で売られています。一束約500円~1000円ほどでホームセンターで購入できますので、まずはそちらを購入してみるといいと思います。

キャンプ場で木の枝を拾ってくべるのもいいと思いますが、それだけで量が少ないですし、湿っていると燃えないばかりか不完全燃焼でやたら煙が出ます。枝を集めるなら生木ではなく、落ちている枝などにします。また松ぼっくりや枯れ葉なども最初の火起こしに利用できますので、子供に集めさせると楽しいと思いますよ。

また購入した薪が太すぎる場合には斧で割って少し小さくした方が燃えやすくなります。斧で薪を割るなどというのは、絵本によく出てくる光景ですが案外体力を消耗します。

バーベキュー同様、焚火の火起こしもコツが必要になります。ここでも再び登場するのがこよりのようにねじった新聞紙です。新聞紙をねじったものやまるめたものを中央に置き、ここに最初に火を付けます。着火剤や拾ってきた細い枝や落ち葉なども利用できます。

その後円錐状に薪をびっしり並べます。火がうまくいきわたってきたら、さらに太めの薪をくべてください。これで焚火台の火起こしは完成です。焚火をするときに必ず焼いてほしいのがマシュマロです。

マシュマロを長めの串に刺すと子供でも自分で焼くことができます。ハーシーズのチョコレートシロップなどをかけるととっても美味しいですよ。マシュマロを焼きたいがために焚火をする人もいるほどです。